4年かかった

先週のお話。
ちびゴンの大会があった。
ここ最近調子がいいようなので今回も自己ベストが出そうな予感。
いい加減中学で陸上を始めた時に言った「お母さんの記録を抜いてやる」ってのを実行してもらわないと・・・
調子が良いってのは体調もそうだけど精神的(考え方)もだ。
春先からぎくしゃくしていた顧問の先生との関係もいいようだ。
いつも一番出来のいい1本目。
いつもと違い踏み切りも跳躍もいい、ひょっとして自己ベスト更新??
記録を聞いた途端「きゃぁぁぁぁ~~~~!!!」と大声で叫び友達の所へ走っていくちびゴン。
良かった~~~自己ベスト更新&私の記録を抜いたよ~~~
ちびゴンが叫んだおかげで私は「よし!!」ってガッツポーズ。
今まで「まだお母さんの記録抜けないの??」とか「まだ娘に記録ぬかれてませ~ん」とか周りに言ってたし「それが娘にとって悪いプレッシャーになってるぞ」と言われたり「陸上やめたい」っていったちびゴンを「自分からやりたいって言ったんだからやめるな」って言ってたことが思い出された。
早く私の記録を抜いてほしくて言ってたんだけどやっとだよ、4年かかったよ。
で、なんか涙出てきた(競技終了までぐずぐず泣いていた私)よかった一人で見ていて。
結局自己ベストは30センチ近く更新&私の記録を9センチ抜いておまけに賞状までもらえたよ。
珍しく競技が終わってもなかなかちびゴンと会えず(会ったら二人とも号泣していたよ)電話がかかってきた。
「お母さん、やっとだよ~中学の頃の友達がみんな5メートル飛んでたのにちびゴンちゃんだけ飛べてなかったし~」
「やったね~ちゃんと全部見たよ~もぉ待ちくたびれたよ~」とお互いゆる~い話っぷり。
お互い電話口で泣かないようにしていたか?
顧問の先生にも偶然会って「お母さんの記録ぬけた~って言ってたよ。俺がこの前ちょこっと教えたら飛べたみたいだよ」と。
先生、もっと早く教えなよ・・・
私の高校時代の恩師からも「あとは100だな」と、ニヤニヤ顔で言ってきたし(どうもちびゴンが私の恩師に「お母さんの記録抜きました」と言ったらしい)
ちびゴンも私もなんか自分たちで重さを重くしていた荷物を下した感じですごくホッとした。

これでいつ「もう辞めたい」と言っても辞めてもいいぞ!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

嬉しいことですね
お子さんが成長していく姿が眩しくて☆
記録という形で目に見えるものもあれば
目に見えない心の成長もあることでしょう
雛が巣立っていくようで
寂しい気持ちもあるかもしれませんけど
とりあえず、おめでとうございます

プリュムさん☆
ありがとうございます。
時々「親のやっていた部活でホントに良かったんだろうか?」とか悩んだこともあったのでホッとしました。
大きな目標を超えた次がどうなるかちょっと楽しみです。
プロフィール

Azu

Author:Azu
今かけているメガネはグレー。
韓国ドラマ&映画そしてSHINHWA(神話)好き~
時々身の回りの出来事も出現します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR