若いけど経験値は人の5倍

ドクター異邦人1
毎日暑い!!そしてビールがいつも以上においしい~
先週末はご近所さんとおいしいビールを飲む事ができたよ。
さて今日のお話。
イ・ジョンソク、チン・セヨンの「ドクター異邦人」
お話は韓国の心臓外科医のパク・チョルは議員の依頼で北朝鮮での手術を依頼される。
手術は成功するが韓国へ戻ることができず息子のフンと一緒に北朝鮮で暮らすことに。
大学生になったイ・ジョンソク演じるフンは同級生のチン・セヨン演じるジェヒと付き合うようになるがジェヒは父親と共に収容所に連行されてしまう。
フンは政府の医療研究機関に配属になり5年後父親を助けるために娘の腎臓を移植する手術でジェヒと再会する。
ジェヒの父親はフンに娘を助けてほしいと頼みジェヒを助ける。
そしてその時に視察に来ていた外国の医師と一緒に北朝鮮を離れフンとジェヒは亡命しようとする。
だが大使館の門は開かずジェヒは銃で撃たれ川に落ちる。
そして2年後、韓国に戻ることができたフンは医者をしながら北朝鮮にいるジェヒの情報を探していた。
ある出来事がきっかけでミョンウ病院で緊急手術をすることになり問題になる。
が、ムン教授がフンの技術の高さを知りスカウトする。
そしてその病院でジェヒにそっくりの医者を見かけるのだった。

主役のフンは心にたくさんの傷があるにもかかわらず笑顔がとってもカワイイ。
同僚のスヒョンとジェジュンはその笑顔で苦労を感じなかったし(ラストでそのことを知ってショックだったようだし)
特にフンのお父さんとの出来事はホント悲しかったよ。
そして北朝鮮の研究所の副所長もちょっとかわいそうって最後には思ってしまった。
ただ一人悪い人物だったのはチャン総理。
この人のせいでフンもお父さんもジェヒも人生が変わったのだから。
でも最後のフンの選択は医者として人間として良い選択だったと思う。
お話はフンとジェヒのお話、お父さんが北朝鮮に送られた時のお話、フンとジェジュンの難手術対決、
スヒョン、ジェジュンの片思いそしてチャン総理の悪巧み・・・と盛りだくさん。
だけど突っ込みどころもあまり目立たないほどしっかりしたお話。
ラストは「良かったね~」と言えるハッピーエンドだった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Azu

Author:Azu
今かけているメガネはグレー。
韓国ドラマ&映画そしてSHINHWA(神話)好き~
時々身の回りの出来事も出現します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR