順応性ありすぎ・・・な男子

イニョン王妃の男1
夕方ちびゴンから「ねぇ日曜日電車で大会に行くことにしたから」と電話が。
「で、5時10分の電車で行くし12時に終わるから迎えに来て、それからサッカー見に行くから」と。
え~っと、5時って朝?と言う事は朝の4時起き?大会って家から100キロ近く離れてるよね?そこからサッカー?
ちびゴンにしたらやりたいことが全部できるような1日だけど私は?
朝4時に起きて駅に送って家の雑用して迎えに行って送ってまた迎えに行くの?
大人になって自分の子供に全部同じ事されますようにと祈らずにはいられない今日の私。

さて今日のお話。
チ・ヒョヌ、ユ・インナの「イニョン王妃の男」
お話はチ・ヒョヌ演じるブンドはイニョン王妃の暗殺計画を知り食い止めようとしていたが身の危険が迫った時見たこともない景色の所にいた。
丁度そのころ同じ場所ではユ・インナ演じる女優のヒジンがドラマ「チャンヒビン」の王妃役に選ばれロケの準備をしていた。
そこにブンドが現れヒジンはエキストラと勘違いする。
ブンドは自分のいた場所と似ているようで全く違う所で一番最初に出会ったヒジンを頼りにこの時代が300年後と知る。
そして自分がいた時代の事件を調べイニョン王妃を守ることに。
時代を行き来することができたのはブンドの亡くなった妻の侍女がくれたお札だと知る。
行き来をするうちにブンドとヒジンの心は次第に接近する。

確かこのドラマが終わった直後にチ・ヒョヌがユ・インナに告白して付き合うことになったんだけどすぐに軍隊に行ってしまって・・・
って事があった。
もうお友達の関係に戻ったらしいけど共演が元でってカップルは結構いるのだ。

お話は朝鮮時代と現代の行ったり来たりのお話で弘文館の校理があっという間に現代になじんでしまってる。
髷を隠すために帽子をかぶり電話を掛けることも覚えてしまう。
お金が必要だとわかると刀を骨董品店に売りに行ってるし。
ヒロインの方はそんなブンドに振り回されてるカンジ。
だけどブンドの方が思いは強かったようで今までいた時代よりヒジンと一緒にいることを望むのだ。
ちょっと最後はムリ感があったけどファンタジーと言う事にしておこうかと。
突っ込みたいことはラストには満載でその雑さが無かったら完璧だったかもね~
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Azu

Author:Azu
今かけているメガネはグレー。
韓国ドラマ&映画そしてSHINHWA(神話)好き~
時々身の回りの出来事も出現します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR