今年中に全部やらないと

今月からデカ子がインターンシップに行っている&ちびゴンが受験勉強のため帰ってくるのが遅いのでぽっかり時間の空いた私。
たまったドラマを見てると間違いなくお腹のスキマを埋めようと何か食べちゃいそうなのでもっとたまったドラマの感想を残すことに。
きょうのお話はイ・ジュンギ、イ・ユビの「夜を歩くソンビ」

朝鮮の時代、王は王宮の地下に住む吸血鬼イ・スヒョク演じるクィに支配されていた。
ある代の世子はクィを倒そうと友人と計画を立てるが世子は殺され友人は吸血鬼にされてしまう。
それから120年後、世子の友人イ・ジュンギ演じるソンヨルは世子の残したクィを倒す方法を記した本を探していたのだ。

イ・ジュンギ、イ・スヒョクのイケメンぶりにイ・ユビが7割増しに残念に思えてしまう。
なのでお話よりも眼の保養に重点がいってしまう。
ラストはハッピーエンドなんだけど突っ込みどころもすべてスルーしてしまうほどだったよ。

ペク・チニ、ユン・ヒョンミンの「私の娘クムサウォル」
お話はペク・チニ演じるサウォルは孤児院で育っていた。
母親と元婚約者との間にできた子供で母親の夫から守るために出産も極秘でしたのだ。
だが姑の妨害で同じ日に孤児院に預けられた子供とすり替えられてしまう。
すり替えられた子供は母親の元婚約者の元に養子に行く前日にその事実を知るが孤児院の崩落事故のおかげでバレずに養子に行くのだった。
サウォルの親の世代のお話もドロドロしているけどすり替えられた子供、ヘサンがもうスゴイの一言なのだ。
子供のころから「自分が実子でないという書類を隠す」「サウォルに身代わりさせる」「実子でないことをしった友人を殺そうとする」「養父と対立する人間(サウォルの母親の夫)と手を組む」「脅す」「サウォルを何度もはめる」とまぁ2話に1回はなんかやっていた気がする。
そしてすべての元凶、母親の夫ソン・チャンミン演じるカン・マヌがヘサンと同じくらいスゴイ。
「サウォルの母親と結婚したくて母親の父親である会社の社長を殺そうとする」「ライバルであった母親の元婚約者をはめる」「欠陥建造物を建てる」「声を荒げて物事を押し通す(会議の決定を覆す)」
いつものソン・チャンミンの悪役の2割増しかも?
お話は紆余曲折のあとハッピーな終わり方になるんだけどあれだけ悪いことをした人たちがしおらしくなって終わっちゃうのはドロドロドラマのお約束かもしれないね~

チャン・ヒョク、オ・ヨンソの「輝くか狂うか」
お話は高麗の時代、星占いで「災いをもたらす」と言われた世子、チャン・ヒョク演じるワン・ソは人里離れた山奥で育った。
ある日王から暗殺者を追ってほしいと頼まれた先で「偽装結婚を手伝ってほしい」と言われる。
頼んできたのは旅団の団長の妹のオ・ヨンソ演じるユル。
ユルは偽装結婚後別れたワン・ソを追いかけ都にやってくる。
ワン・ソは皇子ということを隠しユルの旅団にやってくるがユルもワン・ソに知られまいと男装しワン・ソと仲良くなる。

う~~~んやたらチャン・ヒョクの大きな声が目立っていただけでお話がぼんやりしていたかも?
ユルのお兄さん(渤海の王子)の話も盛り上がりもせずユルとの涙のご対面もなく。
ただ悪役の重臣をやっつけた時だけはすかったとしたけどホントそれだけ。
残念としか言いようがなかったわ。

気が付けば不満ばっかりだ。
次は面白かったものが続くのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Azu

Author:Azu
今かけているメガネはグレー。
韓国ドラマ&映画そしてSHINHWA(神話)好き~
時々身の回りの出来事も出現します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR